ホーム > 出版物 > 版画絵本「千の風に」

 
 
 
 
 
 
                       
  幸せの千の風が、私の身体の中を拭きぬけた。

「千の風」原詩は作者不詳であり、150年程前にアメリカの原住民によって生まれ、今も世界各地で尊ばれ、語り継がれて来た と聞かされました。
この素晴らしい「千の風 原詩版絵本」を私の手によって作成させていただいたご縁に、この上ない喜びを感じています。
この絵本を開けて、苦しみや悲しみが少しでもやわらぎ、ゆるやかにあたたかい時間が流れるよう、願ってやみません。

絵本出版にあたり、ご尽力いただきました関係各位に厚く感謝とお礼を申し上げます。
   
   
   
     
     
   
   
 
   
   
   
  2007年8月6日に出版され、アメリカ同時多発テロ事件9.11の犠牲者の子供たちを支援する財団Tuesday's Childrenの代表者のカルゾネッティ氏に寄付されました。
観瀾斎は「詩に思いをはせ、彫りました。「亡くなった後も、風や鳥、雨となり見守っているとっているとのメッセージが、絵とともに遺族に届いてほしい」と・・・。
 
 
 
       
 
 
 
 
 
   
 
   
 
   
     
       
     
       
     
       
   
  2007年東寺作品展では多くの外国の方々が感銘され、絵本を購入されました。   
             
                     
   
   
   
   
             
             
             
       
             
Copyright (C) 2011 kanransai Corporation. All Rights Reserved.