ホ−ム > 復興祈願 『阿吽の双龍』

 
 
 
 
  東日本大震災で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりなられた皆様のご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。

今年3月の東北・関東一円を襲った大震災・津波そして原発崩壊の影響。私たち独りひとりが受けて背負っていかねばならない”業”というには、哀しみ深く、重いものであります。観瀾斎もこの震災を我が身に問い詰めて苦悩をした独りです。
そして観瀾斎は自ら南無する御仏に問い、語り、『阿吽の双龍』を彫り描く。
阿吽は人の一生をあらわすと聞く。”阿”は人が生まれる時の声(おと)、”吽”は人が亡くなるときの声(おと)と言われる。人の生死、これ必然と聞くが中々我が身の生死は問い難い。
観瀾斎は人の死の哀しみを超えて、生きること、生まれることの意味を考え『阿吽の双龍』を彫るとこを決意した。
今、生きる私たちに、生きることの意味を、生まれることの意味を伝えたいと感じる。
私たちは様々な繋がり(ご縁)の中で生かされている。しかし、ギリギリのところまで遡ると裸で生まれ、裸で死んでいく。代わってくれるものはない。そう知らされると、今、人として生まれて、今、命があることの不思議を思い、感謝せずにはおれないと感じたであろう。
観瀾斎の作品は、すべてこの”生死”をテーマにしたといっても過言でない。喜怒哀楽の表情すべてが、観瀾斎が南無する観世音菩薩の慈悲と智慧を通して描き出された作品です。
観瀾斎は一期一会を大切にします。いや、深く強いこだわりを持っています。
観瀾斎は作品を観られる方を惹きつける。それは、単に作品の持つ力のみならず、観瀾斎の人に接する礼儀(こころ)・礼節(すがた)が菩薩の慈悲とダブルからではと感じることがあります。

『いのり』 − 『阿吽の双龍』。観瀾斎、東寺6年目の秋にあなたも会いに来ませんか。
そこには、慈悲の心に包まれた作品の数々があなたを迎えてくれます。
そしてきっと、あなたに生きる勇気、生きる大切さを気づかせてくれると信じます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
                谷本 朗
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
        阿吽の双龍   200×400cm
                 
                 
   
   
    9月9日、 『阿吽の双龍』完成御披露目があり、朝日新聞・読売新聞・毎日新聞・産経新聞・両丹日日新聞が取材に来られ、翌日の地域版に掲載されました。 
東西南北のうち、「東の守護神である青龍をモチーフに悲しみを乗り越えて生きることの大切さを伝えたいと彫りました」と各新聞記者に熱いメッセージを送られました。         
   
   
   
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 
Copyright (C) 2011 kanransai Corporation. All Rights Reserved.