ホ−ム > 太田檜雲堂

 
  太田檜雲堂 太田嘉久店主様には2008年東寺作品展から観瀾斎作品の表装をして頂いております。表具師は多種多様な和紙を使い分け、見極め、手先の繊細さ・集中力の連続です。
太田様には観瀾斎の想いをアイディアとセンス、そして心と品質と技術で表装していただいております。
 
 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  原画を版画用の板に張り込み、乾燥すると一堀り一堀り小さな彫刻刀で彫って行かれます。
版板の数は116枚にもなり、気の遠くなる作業です。
この時、サンテレビのカメラが入っていたので、太田さん少々緊張されてます。                  
 
   
                 
         
         
         
         
         
    刷り上がった作品を版板の枚数と同じ116枚の版画を丁寧につなぎ合わせて行きます。
また、最後に出来上がった屏風を、6mの高さの梁から吊り下げて展示する予定のため襖の下地でテストしています。   
   
   
                 
      
   
   
   
   
   
   
    屏風の完成です。
丹波市青垣町のアリーナで関係者にお披露目です。
地元の各新聞社数社に取材されました。                 
   
   
           
                 
Copyright (C) 2011 kanransai Corporation. All Rights Reserved.