ホ−ム > 観智院「五大虚空蔵」奉納

 
  この度、東寺本山のご縁をいただきまして、「五大虚空蔵菩薩」の軸を観智院写経室に常設していただくこととなりました。
機会があれば是非ご高覧下さい。   
 
 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
     
    観瀾斎と表装して頂いた太田表具店店主
太田嘉久様(観智院写経室にて)
   
       
         
         
         
     
     
    観智院は東寺一山の観学院で、所蔵する密教聖教の量と質では我が国最高といわれる。
中世、後宇多法皇が特治3年(1308)に東寺に帰依され、西院(御影堂)にこもって真言教学の研鑽につとめられ東寺興隆を発願された。
東寺の三宝といわれる頼宝(らいほう)・杲宝(ごうほう)・賢宝(けんぽう)。
杲宝は観智院を創建し、賢宝は五大虚空蔵菩薩を本尊としてお祀りしました。(説明文東寺提供)
 
     
     
     
     
     
     
     
     
         
     
     
      虚空蔵とは無尽蔵、広大無辺の智恵を無尽に蔵していることをいう。
我国には求聞持法(この菩薩を念じて記憶力を獲る法)の虚空蔵として伝えられ、空海も一説にこの法を勤操より受け、真言密教を開く足ががりとしている。
五大虚空蔵は、その智恵を五つに表したもので、息災増益の祈願のための本尊となっている。(説明文東寺提供)        
     
     
     
     
     
     
     
     
       
         
Copyright (C) 2011 kanransai Corporation. All Rights Reserved