主な作品展Major Works Exhibition

観瀾斎は今日まで、空海三大霊場(東寺・金剛峯寺・善通寺)、西国28番札所 成相寺・美術館・デパート・神社・仏閣などで作品展を多数開催しています。その中の主な作品展の紹介です。I held numerous exhibitions at the famous temples and shrines, department stores.
Especially at Toji temple in Kyoto-city, I have a work exhibition every year since 2006.

東寺作品展2018
『東寺から四国八十八ヵ寺、高野山へ( 木版画)』2018年9月20日~12月24日

会場東寺 食堂「じきどう」(納経所)
Toji temple in Kyoto-city(located a 15 minute walk southwest of Kyoto Station.)

時間AM9:00~PM4:30

入場料無料 Free entrance

主催観瀾斎作品展実行委員会( 真言宗総本山東寺・アトリエ曼陀羅窟)

後援京都市教育委員会・(公社)京都市観光協会・京都新聞・(公財)京都新聞社会福祉事業団

平成30年秋・東寺食堂「よみがえり」

観瀾斎十三年目の東寺を今年も迎えることができる。
神仏との深い因縁を思わずにはおれない。生かされている“今”に出遇うことの不思議に報恩感謝である。
今年は表紙には鳳凰が描かれている。鳳凰は伝説の鳥ではあるが、神仏とは深い関わりを持つ。また、鳳は雄、凰は雌。瑞祥しるしとして文様に用いられたりする。
観瀾斎は鳳凰に何を願い、思ったのであろうか。仏からみれば、この世でおこることはすべて世間虚仮・火宅無常である。

しかし、人は重なり来る天災、自身がつくり、起こす業(おこない)に一喜一憂する。観瀾斎は仏のつかい守護神である鳳凰に「よみがえり」を期待したと思う。よみがえりは甦るであり蘇るである。再生ともいえる。西洋では不死鳥とも言われる。このどことなく落ち着かない世相に魂のよみがえりを願ったのではと思う。
今年も東寺食堂の御仏さまが、観瀾斎の描く作品を受け容れてくれる。あなたの五感で作品に触れてみて下さい。きっと、 何かの気づきに出遇うことができます。それこそ、あなたの魂が「よみがえる」ご縁にあえることを願います。

谷本 朗

摩伽羅大黒天55×62cm〈木版〉
大日大聖不動明王58×61cm〈木版〉
聖観音33×31cm〈木版〉
愉包(ゆほう)観音F8〈ガッシュ〉
くるみ観音F4〈ガッシュ〉
東寺・兜跋毘沙門天54×25cm〈木版〉

東寺作品展2010『龍』2010年9月20日~11月25日

観瀾斎は時に「瀧に打たれなさい」と言われる。観瀾斎がこの世界に入る前、入ってからも「瀧に打たれる」を実践。瀧は観瀾斎の原点であり、観瀾斎にとって瀧修行の体験が「龍」そのもであり、仏との出会いである。龍は実在しない想像上の生き物で、仏教では仏法を守護される。
また4神(青龍・朱雀・白虎・玄武)の東の清流に棲むと云われる。中央を守護する黄龍を加えると5神とも云われる。これらは国家鎮護として水の神・豊穣の神として深く関わってきてます。
観瀾斎は瀧に打たれる時、龍が鋭い目で自分の心を見透かしていることを感じ、瀧との一体感を感じた時、煩悩が洗い清められる昇龍の瞬間を体感したであろう。
瀧の持つエネルギーを一心に受けるとき、観瀾斎は龍と一体となり、その思いが自分の原点として龍を描いたと思われます。
東寺作品展で観瀾斎の原点に触れてみませんか。
きっとあなたに棲み、あなたを守る「龍」に出会えると思います。

期間中に原画をお買い上げいただいた方と観瀾斎

東寺作品展2009『世界平和の祈り 百観音』2009年9月20日~11月25日

宗教の垣根を越えて「世界は一つ」と「世界平和」の想いを版画で表現したく、百観音の木版画を制作いたしました。仏木版画では世界最長であろうと思われる大パノラマの百観音です。仏版画の世界をご観賞ください。
百観音の「百」は、西国33ケ所・坂東33ケ所・秩父34ケ所の観音霊場札所を合計して百観音としたものです。この作品は百体の観音様を28メ-トルの長さに繋ぎ合わせて完成いたしました。上部には『妙法蓮華経/観世音菩薩普門品第25』(観音経)と般若心経を書きました。栗原周玉(書)

地元の小学校の体育館を借りて百観音の下絵作り
116枚の板を1枚ずつ彫っていきます。
気の遠くなるような作業です。
足場を組んでの設営
足場を組んでの設営
吊り下げられた28mの百観音
NHKの取材
NHKの撮影

期間中に原画をお買い上げいただいた方と観瀾斎

上記掲載以外にも多くの方々にお買い上げいただき誠にありがとうございます。

東寺作品展 2007 『観瀾斎の千の風に』 2017年10月1日~11月25日

春:雪解けて、新芽が声を出し、野にいっぱいの花が咲き笑う。
夏:蛍が舞い、満天の星空に酔いしれる。
秋:色鮮やかに競う山々。
冬:一面の雪化粧。キラキラ光る白銀の世界。
朝:小鳥のさえずりに目覚める。
夜:野うさぎや鹿達の出迎えもある。

私の田舎暮らしでの光景と、「千の風」の詩の光景とが重なり合い驚きを隠しきれませんでした。

私の田舎暮らしでの光景と、「千の風」の詩の光景とが重なり合い驚きを隠しきれませんでした。
「千の風」原詩は作者不詳であり、150年程前にアメリカの原住民によって生まれ、今も世界各地で尊ばれ、語り継がれて来た と聞かされました。
この素晴らしい「千の風 原詩版絵本」を私の手によって作成させていただいたご縁に、この上ない喜びを感じています。
8月6日に出版され、より多くの方に絵本やその原画を観ていただきたい想いで、2年目の東寺での作品展のタイトルは「観瀾斎の千の風」にさせていただきました。

作品展のスナップ写真

今回の作品展は国を問わない外国の方々に好評で、両親や子供を亡くされた方や9.11テロで友達を亡くされた方が絵本を開いて涙されたり、版画を見て「ワンダフル」と感動される方など様々でした。

This exhibition is popular among foreigners in any country, people who lost their parents and children, those who lost their friends at 9.11 terrorist tears open their picture books, and watching prints "Wonderful" and others who were impressed.

期間中に原画をお買い上げいただいた方と観瀾斎

上記掲載以外にも多くの方々にお買い上げいただき誠にありがとうございます。

ページトップへ