ホーム > 主な作品展 > 東寺作品展2010

 
 
 
 
 
         
 
 
 

観瀾斎は時に「瀧に打たれなさい」と言われる。
観瀾斎がこの世界に入る前、入ってからも「瀧に打たれる」を実践。
瀧は観瀾斎の原点であり、観瀾斎にとって瀧修行の体験が「龍」そのもであり、仏との出会いである。
龍は実在しない想像上の生き物で、仏教では仏法を守護される。
また4神(青龍・朱雀・白虎・玄武)の東の清流に棲むと云われる。
中央を守護する黄龍を加えると5神とも云われる。
これらは国家鎮護として水の神・豊穣の神として深く関わってきてます。
観瀾斎は瀧に打たれる時、龍が鋭い目で自分の心を見透かしていることを感じ、瀧との一体感を感じた時、煩悩が洗い清められる昇龍の瞬間を体感したであろう。
瀧の持つエネルギーを一心に受けるとき、観瀾斎は龍と一体となり、その思いが自分の原点として龍を描いたと思われます。
東寺作品展で観瀾斎の原点に触れてみませんか。
きっとあなたに棲み、あなたを守る「龍」に出会えると思います。

   
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
             
 
 
 
 
 
 
   
 
   
 
   
 
   
  写真右、手描きの龍頭観音(軸)。
龍頭観音は33観音の一つで、雲中の龍の上に在す観音様で、雲を呼び、雨を降らせ、雷を起こすといわれる。
龍の力を自在にコントロールし、人々に慈雨を降らせて、豊かな大地の恵みをもたらすといわれている。
世に光を与え、悩める衆生の音声をみそなわし、導いてくださる観音様です。 
   
 
   
 
 
   
   
                 
    2010年の秋、苦月というぐらい例年にない暑い暑い9月でした。
それにも関わらず蒸し暑い食堂(じきどう)での作品展を汗を流しながら多くの方に熱心に観ていただきありがとうございます。                
   
   
                 
    作品展のスナップ写真        
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
         
    期間中に原画をお買い上げいただいた方と観瀾斎    
       
             
       
       
       
       
       
       
       
             
       
       
       
       
       
       
       
    上記掲載以外にも多くの方々にお買い上げいただき誠にありがとうございます。        
   
             
             
Copyright (C) 2011 kanransai Corporation. All Rights Reserved.