ホーム > 主な作品展 > 東寺作品展2009

 
 
 
 
 
 
 
 
  宗教の垣根を越えて「世界は一つ」と「世界平和」の想いを版画で表現したく、百観音の木版画を制作いたしました。
仏木版画では世界最長であろうと思われる大パノラマの百観音です。
仏版画の世界をご観賞ください。                             
   
   
 
           
  百観音の「百」は、西国33ケ所・坂東33ケ所・秩父34ケ所の観音霊場札所を合計して百観音としたものです。この作品は百体の観音様を28メ−トルの長さに繋ぎ合わせて完成いたしました。
上部には『妙法蓮華経/観世音菩薩普門品第25』(観音経)と般若心経を書きました。
 
 
  栗原周玉(書)
   
  下絵の準備          
         
   
   
   
   
   
   
   
     
   
   
    地元の小学校の体育館を借りて百観音の下絵作り   
               
    彫り                
         
     
   
     
   
     
   
     
     
     
     
    116枚の板を1枚ずつ彫っていきます。気の遠くなるような作業です。      
                 
    設営        
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    足場を組んでの設営
                 
    飾り        
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    吊り下げられた28mの百観音
                 
    取材            
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    NHKの取材と撮影      
                 
    インフルエンザの影響で京都も観光客が少ないかなと思っていましたが、シルバーウィークと弘法市が重なり、展示会場の食堂(じきどう)も人・人・人で超満員となりました。
22日にはNHKの朝と夜のニュースで放映、またラジオでも放送されました。
ニュースを見られた方、ラジオを聴かれた方が多く来場されました。                   
   
   
   
                 
  作品展のスナップ写真        
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
         
    期間中に原画をお買い上げいただいた方と観瀾斎    
       
             
       
       
       
       
       
       
       
             
       
       
       
       
       
       
       
    上記掲載以外にも多くの方々にお買い上げいただき誠にありがとうございます。        
   
     
Copyright (C) 2011 kanransai Corporation. All Rights Reserved.