ホーム > 主な作品展 > 東寺作品展2008

 
 
 
 
 
 
 
 
  3年目となる世界遺産である東寺での作品展。
タイトルの通り、東寺の国宝の不動明王・兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)、重要文化財の五大虚空蔵菩薩の仏像を彫らせていただき、木版画として展示させていただいたことに深く感銘しております。
また、五大虚空蔵菩薩の版画は観智院(国宝)の写経部屋に奉納させていただき、常設していただくこととなりました。重ねて感謝いたしております。
観智院にお越しの際は、是非ご高覧ください。
   
   
 
 
 
 
      座して剣を持つ不動明王。
忿怒の形相、右手には宝剣、左手には羂索(けんさく)をにぎり、真っ赤な火炎を背負っています。
恐ろしい姿ですが、れっきとした仏様。
大日如来の化身です。
剣に注目してください。
明王の剣は諸刃(もろは)。刃は外に向き、内に向いてます。
明王は命がけで人を救おうとしています。
救われようとする人も「命がけで向かわなくてはいけない」と剣は示していす。(東寺HPより)
     
     
   
   
   
     
     
     
     
     
        国宝 不動明王像
写真集「東寺のみほとけ」より
       
           
                 
    鎖を編んだ鎧を着た兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)。
もともとは、平安京の入り口である羅城門の桜上に祀られていたという兜跋毘沙門天。
平安末期に人々の手で東寺に運ばれてきました。
兜跋毘沙門天の足元を支えるのは、地天女と二鬼。
対面して右が尼藍婆(にらんば)・左が毘藍婆(びらんば)です。
王城鎮護の役目を果たしていた兜跋毘沙門天ですが、今は財宝と福徳の神様として信仰を集めています。(東寺HPより)
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
          国宝 兜跋毘沙門天
写真集「東寺のみほとけ」より
         
             
                 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      五大虚空蔵菩薩は観智院の本尊です。
5体を群像として表わしたもので、虚空蔵菩薩の五つの智恵を5体の菩薩像で表わしたものとも言い、五智如来の変化身(へんげしん)とも言われてます。
五大虚空蔵菩薩像は、息災・増益などの祈願の本尊にもなっています。
5尊はいずれも蓮の花弁で象(かたど)られた蓮台に結跏趺坐(けっかふざ)し、獅子・象・馬・孔雀・迦楼羅(かるら)という鳥獣の上に鎮座しています。             
     
     
     
     
    重要文化財 五大虚空蔵菩薩
「東寺HP」より
 
   
         
  五大虚空蔵菩薩の名称次の通りです。
法界虚空蔵菩薩(獅子)・金剛虚空蔵菩薩(象)・宝光虚空蔵菩薩(馬)・蓮華虚空蔵菩薩(孔雀)・業用虚空蔵菩薩(迦楼羅)。(一部東寺HPより)
   
   
                 
    作品展のスナップ写真        
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
         
  期間中に原画をお買い上げいただいた方と観瀾斎    
     
             
       
       
       
       
       
       
       
             
       
       
       
       
       
       
       
             
             
Copyright (C) 2011 kanransai Corporation. All Rights Reserved.