ホーム > 主な作品展 > 東寺作品展2007

 
 
 
 
 
 
 
 
    春:雪解けて、新芽が声を出し、野にいっぱ
     いの花が咲き笑う。
夏:蛍が舞い、満天の星空に酔いしれる。
秋:色鮮やかに競う山々。
冬:一面の雪化粧。キラキラ光る白銀の世界。
朝:小鳥のさえずりに目覚める。
夜:野うさぎや鹿達の出迎えもある。

私の田舎暮らしでの光景と、「千の風」の詩の光景とが重なり合い驚きを隠しきれませんでした。
                       
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  「千の風」原詩は作者不詳であり、150年程前にアメリカの原住民によって生まれ、今も世界各地で尊ばれ、語り継がれて来た と聞かされました。
この素晴らしい「千の風 原詩版絵本」を私の手によって作成させていただいたご縁に、この上ない喜びを感じています。
8月6日に出版され、より多くの方に絵本やその原画を観ていただきたい想いで、2年目の東寺での作品展のタイトルは「観瀾斎の千の風」にさせていただきました。                                 
 
 
 
 
 
  作品展のスナップ写真            
           
   
     
   
     
   
     
   
     
   
     
             
   
       
       
       
       
       
       
    今回の作品展は国を問わない外国の方々に好評で、両親や子供を亡くされた方や9.11テロで友達を亡くされた方が絵本を開いて涙されたり、版画を見て「ワンダフル」と感動される方など様々でした。    
   
   
             
    期間中に原画をお買い上げいただいた方と観瀾斎    
       
             
       
       
       
       
       
       
       
             
       
       
       
       
       
       
       
             
Copyright (C) 2011 kanransai Corporation. All Rights Reserved.