ホーム > アトリエマダラクツ

 
            
  アトリエは自然と歴史に包まれた白鳳の里、兵庫県丹波市市島町にあります。
緑豊かな山間、側には大きな溜め池(神池)があります。
四季折々の移ろいの中、ときには鹿や猪や猿も訪れます。
この自然の中に身を置き、争いのない平和な世を願いながら、祈りながら、作品創りに精進してい
ます。
お近くにお越しの際はお立ち寄り下さい。
    
 
 
 
 
 
   
   
   
   
 
   
   
   
 
   
       
   
     
     
 
     
   
           〒669-4312
    兵庫県丹波市島町北奥1133
      TEL 0795(85)2780
         
 
    観瀾斎の木版画制作方法は、木の板に輪郭となる墨絵の下絵を貼って、彫刻刀やノミで彫り進め、和紙に刷ります。
和紙は人間国宝 九代、岩野市兵衛先生の手すき越前生漉奉書と京都府綾部市黒谷の手すき和紙を使用。
裏側から「裏彩色」という技法によってから着彩します。
和紙は一枚一枚異なります。
一点一点手彩色(色彩は岩絵の具)なので、その結果、すこしずつですが一枚一枚趣が異なってきます。
機械のように均一でなく、自然と人間の手の双方が創り出す味わいが魅力の一つです。  
   
   
   
   
   
   
   
                 
         
         
         
         
         
         
         
         
    1.下絵を描くための薄くて裏が透ける唐紙を準備。   2.筆と墨で絵柄を描く。   3.さらに描き進む。   4.絵柄の完成。
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
    5.彩色のイメージ作りに何色か塗る。   6.イメージ作りの完成。   7.板に絵の大きさを写し撮る   8.下絵を板に貼る道具。糊・刷毛・ローラー
         
         
         
         
         
         
         
         
         
    9.ローラーに糊を付け、板全体にのばす。   10.上から下絵を裏返しにのせる。   11.刷毛で上から撫でて、貼り付ける。   12.板に下絵が貼れました。
         
         
         
         
         
         
         
         
         
    13.板を彫るための彫刻刀。   14.墨の線を残して、外側を彫る。   15.しかっりと丁寧に彫り進みます。   16.文字の周囲もきれいに彫り取ります。
         
         
         
         
         
         
         
         
         
    17.彫りの完成。   18.水とタワシで彫り残った紙を取り除く。   19.紙がなくなりました。   20.墨の輪郭線を刷る道具です。
         
         
         
         
         
         
         
         
         
    21.ローラーか刷毛に墨を含ませる。   22.板の凸の部分に墨を塗る。   23.板の上に和紙を重ねる。   24.バレンで和紙の上を擦って試し刷り。
         
         
         
         
         
         
         
         
         
    25.試し擦りを見て、彫りの不備を探す。   26.不完全な彫りを調整していく。   27.板の彫りの調整が完成。   28.再度板を水洗いして整える。
         
         
         
         
         
         
         
         
         
    29.本番用の板の完成。   30.板に墨を塗ります。   31.バレンで丁寧に擦る。本番刷り。   32.墨の輪郭線が刷れ、2〜3日ねかせる。
         
         
         
         
         
         
         
         
         
    33.彩色用の岩絵の具と道具類。   34.墨で刷り、2〜3日ねかした作品を裏返して置く。   35.岩絵の具で裏から色を塗り込む。これを裏彩色という。   36.表面への染み込み具合を確認しながら塗る。
         
         
       
       
       
       
       
       
       
       
    37.色の濃淡・滲み・バランスを見る。   38.裏彩色の完成です。  
       
           
           
    満足できる作品が出来上がるまで、1〜38まで何度も何度も繰り返しです。          
     
     
     
     
     
      完成です
                 
   
   
    観瀾斎が彫るという作業において、彫刻刀は大切な道具です。
大きく彫る、細かく彫る、曲線を彫る、滑らかに彫るなど彫刻刀に大きく左右されます。
観瀾斎は道刃物工業様の彫刻刀を使用し、板を作製します。
大作となれば60本ほど使いきります。          
   
   
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 
                 
Copyright (C) 2011 kanransai Corporation. All Rights Reserved.